歯内療法・根管治療(根の治療)

歯の根の治療とは?
 虫歯が大きくなり歯の神経まで進行したり、歯の根の先に膿がたまった場合、歯の神経を取ったり、歯の根の中の消毒をしなければなりません。

 しかし、歯の根の中は非常に見えにくく治療も盲目的になりやすいのでとても難しいのです。しかもきちんと治っていなければ、また再発してしまいます。

 このように難しい根の中の消毒をし、歯を抜かずに保存する治療のことを「歯内療法」・「根管治療」といいます。
なぜ歯内療法は難しいの?

 歯内療法を難しくする要因には次のようなことが考えられます。

■歯の形が複雑。
  歯の形は千差万別です。簡単に根と言っても人によって形も違えば数も違うことがあります。
■盲目的になる。
  歯の根はほぼ全てのケースで途中で曲がっています。そのため先のほうは盲目的になりやすく、難しくなります。
■保険制度が貧弱。
  歯内療法に関する保険点数は世界的に見ても非常に低く、時間をかけすぎると採算が合わなくなるともいわれています。

歯内療法の方法
ラバーダム防湿の必要性

 歯内療法の成功には、無菌的な処置が大事です。しかしお口の中には無数の細菌が存在するため、治療中の感染防止策が不十分であれば、十分な治療効果が期待できません。そのため治療中の歯の中に唾液や細菌が入らないように歯の周りにゴムのシートを張って防御する必要があります。これをラバーダム防湿と言います。

 ラバーダム防湿の有効性は、多くの論文で報告されています。

ラバーダム防湿のメリットとデメリット

メリット
唾液からの汚染防止根管治療時に唾液が歯の内部に入り汚染されることを防止する
器具の誤飲防止治療で使用する小さな器具を誤って飲み込むことを防ぐ
薬剤や器具から保護薬液や削った歯の破片から口腔内、気管を守る

デメリット
ラバーダムは口全体を覆うので鼻呼吸ができないときなどに息苦しさを感じることがある
ゴムアレルギー、ラテックスアレルギーの場合は使用できない

治療に関する注意

 歯内療法は、万能な治療ではありません。本来であれば抜歯しなくてはならないほど状態が悪い場合などは、完全には治らないこともあります。 しかし抜歯など外科的治療は最終手段と考えて、当院ではできるだけ歯を保存するように努めています。そのため治療回数が少し長くなることもございますので、ご了承ください。