本文へスキップ

     徳島インプラント再生医療センター

TEL.088-655-6471〒770-0944 徳島県徳島市南昭和町3-50-1

→アクセス・地図

小児歯科・矯正歯科pedo & orthodontics

板東歯科医院の小児歯科の取り組み (Welcome to kids & mama zone !)

■板東歯科医院の小児歯科(kids & mama zone)は
 「定期検診は当たり前!」そんなお口の健康の意識づけをお母さんからお子様にプレゼントするところです!

■お子様とママにおススメなのはこんなところ!
 その1 楽しいところ!
 その2 リラックスできるところ!
 その3 ママとずっと一緒なところ!

そのほかまだまだたくさんあります!板東歯科医院にいらっしゃったらぜひ探してみてくださいね!


小児歯科を行う上での基本方針

■小児歯科とは?
 子どもは、サイズの小さい大人ではありません。大人なら難なくできることだって、子どもにとっては大変なこともあります.。もし治療ができないといっても、それはお子様が悪いのではありません。そこまで悪くする虫歯のばい菌が悪いのです。

 当院では、お子様の成長に合わせた診療を行い、「歯を大切にしよう」と言う気持ちを養えるよう頑張っています。そして何回か通院する中で、お子様が笑って通院できるような、「ワクワク楽しい歯科医院」を目指しています。

■小児歯科は、審美歯科、予防歯科にも関係しています!
  当院では審美歯科、予防歯科に力を入れています。将来虫歯も歯周病もない健康で美しい歯を保つには、小さいころからのケアが必須です。歯の美しい方はステキですよね!ですから私どもはお子様の将来のために、小児歯科にも力を入れているのです。


小児歯科の治療

■無痛治療
 虫歯を削る治療と、削らない予防、どちらが痛いでしょう?もちろん削る治療ですよね。虫歯になってしまったら、大人以上に無痛治療に気を使ってきちんと治ったら、今度はフッ素を定期的に塗布してしっかり予防していきましょう!予防が一番の無痛治療なんですよ。
フッ素塗布について
→無痛治療について

■最小の治療
 乳歯は永久歯より小さい上に、すぐ下に神経があります。そのためできるだけ最小の治療を行います。
→最小の治療(MI治療について)

■最短の治療
 お子様は集中できる時間も大人より短いもの。そのためできるだけ治療時間を短くできるようにいたします。

■咬合誘導
 将来キレイな歯並びの永久歯が生えてくるよう、乳歯の噛み合わせを調整します。これが大人の治療と全く異なる点ですね。

■矯正治療
 最近では顎の発達の悪いお子様が増えています。そのままでは歯並びが悪くなるどころか将来の顔貌にまで影響します。矯正では値段も気になりますが、当院では矯正を始めやすい価格をご提案しています。


矯正治療 ~悪い歯並びについて

叢生
(そうせい)
歯の並びがバラバラ、いわゆる「乱くい歯」。
反対咬合
(はんたいこうごう)
下顎の歯がでている、いわゆる「受け口」。
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上顎の歯が出ている、いわゆる「出っ歯」。
開咬
(かいこう)
前歯が噛まず開いている。
交叉咬合
(こうさこうごう)
歯のかみ合わせがずれて噛みあっていない。
空隙歯列
(くうげきしれつ)
歯と歯の間がすいている、いわゆる「すきっ歯」。

矯正歯科 ~どうして歯並びは悪くなるの?

① 遺伝的要因
  顔貌、歯の大きさや形、骨の発育など
② 後天的要因
乳歯の虫歯や脱落、指しゃぶりや舌・唇の癖、口呼吸、悪い姿勢など

 これらの様々な要因が影響し合い、歯並びの乱れが生じます。 こういったことが原因で歯並びが悪くなると、噛む力が衰えます。噛む力も鍛える必要があります。  


矯正歯科 ~歯並びが悪いとどうなるの?

 お口の中だけでなく、全身的、また心理的に影響が出ることがあります。

① 虫歯や歯周病になりやすい
② あごの成長や、顔面の発育に影響がでる
③ よく噛めない
④ 発音しにくい
⑤ 審美的に良くない→心理的な影響(いじめ、引きこもりなど)を与えることもある
⑥ 頭痛、肩こり


矯正歯科 ~歯並びはどうやって治すの?

 歯並びの悪いお子様は噛むバランスが悪かったり、噛む力自体が弱いことが多いです。ですのでまずは噛む力を鍛えなくてはなりません。正しい姿勢でご飯をしっかり噛んで食べたり、ゴムのチューブを噛んだりして噛む力を鍛えます。また悪い癖がある場合は、まずその癖をなくすようトレーニングします。これらを「バイオロジカルな治療」と言い、治療の基本となります。

 装置が必要な場合には、お口の状態により使用する装置を選択します。一般的にはこれが矯正治療とされています。これを「メカニカルな治療」といいます。

 「バイオロジカルな治療」がしっかりできていないと「メカニカルな治療」な治療でいくらきれいな歯並びになっても必ず後戻りします。ですから「バイオロジカルな治療」が治療の基本となるのです。


矯正歯科 ~器具はどんなものを使用するの?

 当院ではお子様の大事な歯を出来るだけ抜歯しなくても済む治療法を考えたいと思います。

ムーシールド

主に下顎前突に用います。舌を正しい位置に誘導する、唇の悪習癖を改善する、噛む平面を合わせるという3つの機能を改善します。

エクスパンジョン

取り外しのできる矯正装置です。顎を広げたり、歯の位置を矯正したり、さまざまなことに用います。

リンガルアーチ

奥歯にバンドと矯正線をかけ歯の位置を改善します。

ラピッドエクスパンジョン

歯にバンドをかけることにより床矯正装置よりも急速に顎を拡大できます。

バイへリックス

おもに下顎の幅を拡大したり、奥歯の傾きやねじれを修正したりするための装置です。

クワドへリックス

おもに上顎の幅を拡大したり、奥歯の傾きやねじれを修正したりするための装置です。

ハビットブレーカー

舌の突出などの悪習癖をなくすために使用する習癖除去装置です。

マルチブラケット

永久歯が生えそろったら、本格矯正や最終仕上げに用います。

クラウンループ

乳歯が早く抜けてしまった時、永久歯が生えてくる隙間を保つために用います。

小児義歯

多くの乳歯が早く抜けてしまった時、永久歯が生えてくる隙間を保つために用います。

矯正歯科 ~治療はいつから始めればいいの?

 成長発育中など様子を見ていてもよい時期もありますが、早期に治療を開始することによって、大事に至らず最小の治療で済むことも多くあります。
 3~4歳になり、装置が装着できるようになれば治療を始められます。当院では早期治療をおススメしています。


矯正歯科 ~小児矯正の治療の流れ

① 初回ご相談
 歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。必要のある場合は歯型をとらせていただき、次回ご来院時に詳しく説明させていただきます。この段階までは保険診療で対応させていただきます。
② 検査、診査
 矯正治療を開始することになれば、検査(口腔内写真、X線撮影など)へ進みます。矯正治療は保険が適用されませんので、自費治療となります。
③ 治療開始
 お子様の成長にあわせて器具の調整・新製、また虫歯予防などが必要です。定期的なご来院をお願いいたします。


     

矯正治療の料金はどのくらいかかるの?

詳しくは料金表をご覧ください。


     

板東歯科医院で行っている小児歯科(kids & mama zone)の特徴

 小さなお子様は、知らない人にお口を触られるのが、すごく苦手です。そんなお子様に歯科医院を好きになってもらうよう、さまざまな工夫を行っています。

チャイルドルーム 待合室には、お子様専用のコーナーを設けました。リトルタイクス社、イケア社などの遊具も充実しています。テレビはけがをしないよう、手の届かないところにあります。絵本もいっぱいありますよ!
お手洗いと歯磨きコーナー お子様でも手が届くよう、踏み台をおいてあります。またお手洗いには、ベビーベットも置いてあり、お母さんも安心しておむつ交換ができると思います。
診療ユニット 診療はお子様が緊張しないように、お子様とお母さん専用の「kids & mama zone」で行っています。
治療セット 最初に座った診療台は、大人でも緊張するもの。できるだけリラックスしてもらうため、かわいいエプロンや紙コップなどのセットをご用意しています。
フッ素塗布 楽しんでフッ素塗布が出来るよう、色々な種類の味をご用意しています。気に入った味のフッ素を探してみよう!
頑張ったごほうび かしこく診療できたお友達には、歯科衛生士のお姉さんからごほうびです。いっぱいあるから、好きなものを選んでね!
歯を抜いたあとは… 乳歯がずっと残っていると、永久歯萌出の妨げになることがあります。その場合抜歯しますが、抜歯って大人でも怖いですよね。そのため、抜歯した後はケースに入れて、歯をお返ししています。これを見て、「がんばったね!」って褒めてあげてくださいね!
出来るだけ歯を抜かない矯正治療 当院では、ムーシールドなどを用いて顎の機能を正常にする「筋機能療法」、顎の発達を助ける「床矯正治療」などを中心に行うことにより、できる限りお子様の大切な歯を抜かないよう心がけています。 当院は東京都、鈴木先生が主管をされている床矯正研究会の会員です。またムーシールド発案の柳沢先生のホームページでも紹介していただいています。
お子様お預かりします お父さん、お母さんが治療のときは、スタッフがチャイルドルームにて責任持ってかわいいお子様を、お預かりいたします。(ときどき、院長の母親も登場しますよ!大ベテランです!)
お子様専用の診察券とおくすり袋 お子様専用の診察券やおくすり袋をご用意しています。かわいいので、ぜひお子様に持たせてあげてくださいね!
お子様用お口の健康グッズ 受付では、お子様用のさまざまなお口の健康グッズがお求めいただけます。「ご家庭用フッ素洗口剤」、「歯科医院専用子供用ハミガキ剤」、「指しゃぶり矯正器」などいろいろありますよ!

乳幼児期のお子様のお口のケア

■出生~6ヶ月(乳歯が生えるまで)
 この時期の赤ちゃんは、ものをなめたり、しゃぶったりして遊ぶようになります。6ヶ月頃になったら、お口の中を指でさわって、刺激に慣れさせましょう。ガーゼみがきもスムーズに行えるようになりますよ。

■7ヶ月から1歳頃(乳歯の生えはじめ)
 この時期の赤ちゃんは、食欲も旺盛になり、よだれが多くなります。このときはガーゼで下あごの歯をふいてあげましょう。上あごの歯が生えてきたら、ハブラシを開始しましょう。できれば最初はハブラシをくわえさせるなどして、慣れさせるのもいいですね。

■1歳から1歳半(奥歯の生えはじめ)
 奥歯が生えると、歯の噛む面に汚れがたまりやすいので、しっかりハブラシしてあげましょう。またこの時期は虫歯菌(ミュータンス菌)などが定着しやすくなるので、お菓子もなにを与えるかしっかり考えるようにしましょう。


期のお子様のお口のケア